ブログトップ

日々記 ちょこっと書き

mimoza8.exblog.jp

野菜の蒸しいため

この冬、はまっているお料理があります。
超簡単でお野菜の自然な甘さがたっぷり楽しめるお料理、
蒸しいためです。
b0077721_9565533.jpg

作り方は・・・
①野菜を洗って(根菜の場合1cm強の厚さ位、きのこや花菜は子房に分ける、葉野菜は適当な大きさに)切る。
②蓋に穴が開いていない鍋にいれる。
③塩をパラパラ一ふり、オイルを一たらし。
④水(根菜の場合は大匙3、花菜・きのこ類は大匙2、葉野菜は大匙1)を入れて強火で加熱(根菜3分、花菜・きのこは2分、葉野菜は1分)。
⑤蓋をしたまま余熱ですこし蒸す。
以上、とっても簡単、短時間で出来上がります。

ポイントは・・・
根菜、花菜、葉野菜を一緒に調理する場合は、根菜から調理し始めて加熱1分後に花菜やきのこを入れて又その1分後に葉野菜を加えて加熱します。
③の工程で入れるオイルはお好みで、私はオリーブオイルをたらしています。
④の工程の水は出汁にする方が風味がアップします。
根菜を入れている場合は途中に鍋をちゃっちゃっと振ったらなべ底に引っ付くのを防ぐ事が出来ます。
b0077721_9595934.jpg

この時のお野菜は、ジャガイモ・さつま芋・にんじん・たまねぎ・さやえんどう・ゆりね・チンゲンサイ・きくな。。。
余り野菜があったら一緒にお鍋にイン♪

b0077721_1054317.jpg

お野菜自体の自然な甘みがぎゅっと詰まっていてなんとも言えず、とりつかれた様におはしが止まりませんヾ(^-^;)
お野菜の歯ごたえもシッカリ残っていてシャキシャキ~♪
私はこのままのシンプルなのが好きですが、お好みでポン酢を少し垂らしても良いようです。


野菜の甘さが増す冬にピッタリのこのお料理、ナント叔父さんから教えてもらったんですよ。
10歳しか年の違わない一緒に育った私の叔父ですが、彼もブログを書いてて、このお料理を食べてよほど感激したようで、らしくない料理の投稿をしてたのを読んだんです。
普段は全然会わないのに、なんか、可笑しいな・・・☆
[PR]
by asunnyspot | 2010-01-13 10:18 | 飲み食い
<< 沈丁花のつぼみ インスタントチャイ >>